アフターピル妊娠

アフターピル妊娠

 

アフターピルを服用する事で、避妊効果がどのくらいあるかが気になるとこです。

 

アフターピルは通常72時間以内なら避妊効果があると言われていますが、時間が過ぎるにしたがって避妊効果は無くなって行きます。

 

ではどのくらいの確率で妊娠をしてしまうのでしょう。

 

アフターピル妊娠

図を見て頂ければわかると思いますが、72時ですと16%の人が妊娠をしてしまいます。

 

何故16%の人が妊娠をしてしまうのかと言いますと、通常妊娠は排卵⇒受精⇒着床の経過を経て妊娠する仕組みになっています。

 

この受精するタイミングが排卵からどのくらい経過しているかで大きく違ってきます。

 

すでに子宮内に卵子が存在している場合には、すぐに受精してしまう可能性が高くなります。

 

このタイミングですと、性交渉失敗後すぐにアフターピルを服用しませんと間に合いません。

 

避妊失敗の場合、卵子がどの状態にいるかによって妊娠する時間が変わってきます。

 

ですので、アフターピルは早期に服用する事で避妊の確率が高くなり、更に卵子がどのような状態にあるかで確率も変わってきます。

 

だいたい、受精するまでの時間の長さが平均して72時間前後が多いため、72時間以内なら84%の確率で避妊ができる事になっています。

 

一旦受精してしまいますと、アフターピルは効果がありません。

 

受精する前に服用する事が大切ですが、卵子の状況によって受精するタイミングが違いますので、
失敗するケースが存在するわけです。

 
アフターピル通販即日