アフターピルの種類

アフターピルの種類

 

アフターピルの種類

 

アフターピルが使用できるようになったのはつい最近の事で、それまでは中容量ピルを使用して緊急避妊をしていました。

 

中容量ピルの場合には避妊失敗後12時間以内に最初に1錠を服用して、その後12時間経ったら更に1錠服用する事で避妊出来ていました。

 

ですが、この中容量ピルは副作用が強く、吐き気がある場合多かったのでせっかく服用したピルが外に出てしまい失敗するケースが多々ありました。

 

それから最近になり副作用が少なく、1錠で済むタイプのアフターピルが作られてから避妊する事が出来る様になっています。

 

特に有名なピルに「アイピル」があります。

 

72時間以内に服用する事で85%以上の確率で避妊をする事ができます。

 

その他にもノルレボなどがありますが、アイピルの方が同じ効果で値段が安いのでおすすめです。

 

 

 
アフターピル通販即日